車の下取りは車を買取ることだけが目的ではない

新車ディーラーにおいて新車を購入するときに必ず聞かれるのが今乗っている車の車種です。

新車を購入するときは買い増しでない限り、今の車を処分することになるのですが、新車ディーラーでは、下取りという形で買い取って、それを購入資金の一部として商談を進めていきます。

しかし、この下取りというのは新車を購入するからいらなくなった車を買取ってくれるというだけが目的ではありません。

一般的な車買取業者は、買い取った車の買取額に利益を乗せた額で販売することによって商いが成り立っているものです。

新車ディーラーは、最近ではディーラー直営の中古車販売も行っていますが、基本的な利益は新車を売ることによってあげています。

という事は車を下取りしてその車を売ることは二の次で、いかに新車を買ってもらえるかというのが、一番大事という事なのです。

特に人気車種や発売間もない新型車の場合は、何もしなくてもそれなりに売れてしまうので、値引きをあまりしてくれませんし、値引きの代わりとなるパーツもつけてくれません。

それではせっかく買う意思を持ってきたお客さんが、ライバル車にとられてしまうかもしれないのです。

そういう時に持ち出すのが下取り金額です。

要は新車自体の値引きをしない代わりに下取り金額をあげて、事実上値引きした形をとることが多く、それによって購入する側は安易に納得してしまうです。

変な話、下取り金額を多少あげたからといってディーラー側にはあまりマイナス面はなく、逆に値引きをしないで新車を売ったことのプラス面のほうが大きいのです。

新車を購入するときに下取り金額をあげるような形になる場合は、「もうこれ以上値引きはできません!」とディーラー側がいっているものと思ったほうがよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました