車の下取りと買取どっちがお得?

今乗っている車の新しいモデルが出た、あるいはずっと狙っていた車を購入できる資金ができたとなれば、一目散にディーラーに行ってその車の購入に走るわけですが、そこで必ず話題に上がるのが今乗っている車の処分方法です。

処分といってもの廃棄処分にするわけではなく、この車を買取ってもらうという事です。

今までの一般的な流れからすると新車購入時にそのディーラーで「下取り」という形で車を買取ってもらうのですが、その下取り額の数値を見て、ちょっと不思議に思う時があります。

あまり人気のない車なのに異常に下取り金額が高かったり、数年前に発売されたばかりなのにやたら下取り金額が安かったりする場合が多く見受けられるのです。

これは、ディーラーが下取りする際の基準が、本来の車の価値観とかなり違うことが大きな理由となっています。

一般的な買取業者では、モデル名や年式、走行距離、ボディカラー、車体の傷み、パーツの有無などから査定額を割り出し、特に車体の傷みを重点的にチェックして最終的な査定額を算出するのですが、ディーラーの場合はディーラーごとにある下取り基準価格表なるものを見ながら、モデル名、年式、グレード名、走行距離、ボディカラーなどの非常に少ない項目だけで査定額を算出します。

特に重視されるのがボディカラーで、車にもよりますが無難なホワイト系やシルバー系の車は比較的高くなり、逆に赤や黄色などの趣向性の高い色は安く見積もられることが多いのです。

逆に車体の傷みはほとんどチェックされず、よほど大きな傷やへこみがある状態でなければ大きな減額とはなりません。

従って、ボディに多少の傷があっても、ボディカラーがホワイトであれば高く下取りしますし、逆に大人気となっている車でもグレードが低く、ボディカラーもパープルなどという場合は安い下取り金額となってしまうのです。

新車購入時には下取りが絶対条件ではありません。

自分の車の状態にあった買い取り先を探すのが一番賢い売り方だと思います。

タイトルとURLをコピーしました